10 Years After〜10年後〜 過去ログ・16


αスピカ「あの〜。道端に博士が落ちてたの拾ってきたんだけど・・・」
十字架天使「まあダーリンひどいケガ!手当てしてあげないと…!」
影の声「別に手当なんかしなくてもすぐ回復するだろ。」
琴音「えっ??博士はここでずっと話してたわよ?」
偽博士「そいつはニセモノなのだ!」
博士「ワッチが本物じゃー。」
αスピカ「ちなみに、NOさんも無事よ。」
地中海刑事「ちくしょう、また、犯人に逃げられた。うん?こんなところにいたかっ。」
偽博士「なにをする。ワシは何もしてないぞー。」
玉姫「うるさ〜い!このシュートを受けてみろ〜!!!!ズッド――――――ン!!!!!!」
博士「ぐじゃらぴか――――――!!!!!!!!!!!!」
偽博士「びろねらはっちゃ――――――――!!!!!!!!!!」
MAT松楠「どっちが本物の博士か、見分ける方法はあるのか?」
加藤邦迦「じゃんけんで決めたら?!」
hiroK「どっちも似たようなもんだろ」
karz稲川「思い出した!おい、2人とも口を開けろ!」
青柳ういろう「口を開けさせて、見分ける方法があるのか?」
琴音「では私が診てみましょう。え〜と、こっちの博士って前歯が入れ歯だったんだ〜。もう〜!お手入れしてるの?すごく臭うわよ!」
巫女「え〜と、もうひとりの方は…。歯に異常はないけど…やっぱり臭うわね!もう最低!」
偽博士「ワシは自分の歯だぞー。」
ちりこ「あなたが偽者ね。」
軍司將軍「偽者と分かれば遠慮はいらん!全員で袋叩きだ!」
ロンメル将軍「みんな、用意はいいか!?」
キグナス「ダイヤモンドダストー!」
ハンマー百t「ハンマーを食らえー。」
猛虎女帝「ズガガガガガガッ!」
玉姫「ゾンボ!いくぞ―――――――!!!!」
ゾンボダノバイオバ「ケケケケケ!ドッデコドッデコズド――――――!!!!!!」
博士「なんふぇ、ワッヒがなふられなきゃならんのら〜〜〜(涙)」
ようせい社の社長「入れ歯を入れてる方が本物って、どうして分かるの?」
karz稲川「1986(昭和61)年12月11日(287回)の時に、博士が入れ歯をしていた事が分かったんだよ!」
マルガリータ「エ〜〜〜〜ッ!?初耳よそれ〜〜〜〜!?」
karz稲川「この回に出題された『ダイヤルパズル』(ビッチさん出題)で、博士が金庫の中に入れ歯を入れたんだけど、開け方忘れてしまったんだ。その時の博士のセリフも「ウッフェ〜〜」だったし(実話)。」
世沙明「へぇ〜へぇ〜へぇ〜へぇ〜へぇ〜(へぇボタン15連打)」
karz稲川「ま、江戸時代からの生き残りなだけに、あの時から入れ歯なしじゃやってけなかっただろうね。」
理事長「コソコソ(名曹・偽博士と逃走を企てる)。」
特撮アニメ「逃がすかっ!」
地中海刑事「逮捕だー。」
博士「なんでワッチが〜!!」
影の声「いつものお約束だ。」
名門の御曹司「お父様ー。」
理事長「ちくしょう、憶えていろっ!」
偽博士「無念。」
一読者「お母さんにいいつけてやる。」」
シェリー「これで、P学に平和が戻ったわね。」
伊澤浩樹「残念だけど、お別れの時間が近づいてきたわ。」
退魔士メスロン「25周年の同窓会で会えるときまで、しばしお別れです。」
麻山真樹「25周年の同窓会は盛大に祝わなくちゃね。」
5150オプ「今から、会場の予約をしておかなければ。」
ようせい社の社長「みんなに連絡を取っておくわね。」
青柳ういろう「さあ、16次会いくぞー!」
NO「ちょっとおおお〜〜〜私を差し置いてどうすんのよ?」
緑風仙一「スタジアムからかけつけましたよ。」


 前に戻る  次に進む  メニューに戻る