10 Years After〜10年後〜 過去ログ・15


青柳ういろう「こなぁぁぁぁゆきぃぃぃぃ」
理事長「野宿は寒い。息子よなんとかしろ。」
名門の御曹司「お父様、こちらへどうぞ。P学を復活させるための策を練っていたところなんです。」
偽博士「ワシとあんたらで手を組み、思い通りに奴らをひざまずかせましょうぞ。」
青柳ういろう「お〜い、今店の外で怪しい3人組がいたから警察呼んじゃったよ」
地中海刑事「ファ〜〜〜なんか呼んだ?」
ようせい社の社長「あの悪党どもを捕まえて。」
影の声「あいつには無理だろ。」
らむね「きゃああああ〜〜〜〜!!!!バレンタインデーに渡すチョコ取られちゃったああああ〜〜〜!!!!」
博士「ワッチは無実じゃ〜〜〜!!!!」
地中海刑事「嘘つけ!じゃあこのかばんの中に入ってるチョコの他、下着類まであるとはどういうことだ!ちょっと署まで来い!」
十字架天使「ちょっとおおお!ダーリンは無実よ!誰かが濡れ衣着せたに違いないわよ!」
偽博士「フフフ。うまくいったぞい。」
横琴「何なんだ、こいつは。一体何が望みなんだろ。」
琴音「何言ってんのよ!博士ならここにいるじゃない。」
偽博士「よ〜く分かってるな。」
NO「…おかしい、いつもの博士らしくないわね…うっ!(気絶)」
理事長「余計な詮索は命を縮めるよ(と、NOを連れ去る)」
シェリー「ちょっと、誰か何とかして!」
αスピカ「よーし、あたしのバイクで捕まえるわ。」
硬派ロード「博士の邪魔をするな!清く正しい姿を見習おうとは思わないのか?」
5150オプ「それはそうと、今日は高校の卒業式だよね?あんたの教え子たちが集まってきてるぞ。でもみんな殺気立った目つきしてるけど。」
硬派ロード「お前ら、3年間熱意を込めて教えてきたというのになんだその態度は!最後は感謝のお礼を…ギャ―――――!!!!!!」
キグナス「あ〜あ、無残なもんだね。ま、3年間男女交際禁止を押し付けたもんだから自業自得だけど。」
hiroK「卒業式に先生イビリはつきものだしな。」
ロンメル将軍「俺らも博士をいびったもんな。」
加藤邦迦「丁度いいところに博士がいるぞ。」
偽博士「うわー!何をする。グフッ。」
ゲンドン「ん???これ付けヒゲか?」
猛虎女帝「これは調べてみる必要があるわね」
5150オプ「よし、こいつを押さえてつけて、帽子を取ってみようか。」
逢瀬諾「あっ、髪がフサフサよ!博士じゃないわ。」
偽博士「・・・これは、最近植毛したのだ!」
心☆必「じゃあ、私の名前「心☆必」を読んでみてね!」
偽博士「コ…コロロ…カララ…」
しとうきねお学園長「ん?博士の発音にはなってたけど、一瞬考えてたぞ。これは怪しい。」
琴音「でも博士ってあんな感じだったような気がしましたよ。」
マルガリータ「ダーリン!こんなところで何してるのよー。いいことしましょ、ブチュ。」
偽博士「デヘヘ。でも、化粧の濃いオバサンだなぁ。」
ちりこ「あれ?マルガリータさんを嫌がってないとは?」
退魔士メスロン「あんた、一体…」
ハンマー百t「な」
麻山真樹「ん」
傭兵オグマ「な」
現代古典「ん」
バイリンギャル子「デ」
巫女「す」
特撮アニメ「か」
なぞのM「?」
karz稲川「うちのもうひとつのホムペのドラマネタ使いよったな…。」
十字架天使「博士!マルガリータは男よっ。性転換してるけど。」
偽博士「えっ!そうなの?」
加藤邦迦「「そうなの?」って・・・。」
伊澤浩樹「今更何を言ってるのかしら・・・。」
緑風仙一「あやしいですね。」
琴音「忘れてただけよ。博士の歳を考えれば判るでしょ?」
偽博士「そう。最近物忘れがひどいんだYOー(汗)」
ハンマー百t「博士。あんた野球はどこのファンだっけ?」
偽博士「そりゃあ、巨人に決まってるじゃないか。」
名門の御曹司「これからの時代は巨人に決まってますよね。」
猛虎女帝「何をふざけたこと言ってるの!阪神に決まってるでしょ!」
理事長「たわけた事を抜かすではない!球界の盟主である巨人を応援して何が悪いと言うのだ!」
伊澤浩樹「一体…目的は何なの?」
拳王「フハハハハ!全ては博士あってのP学!全知全能の博士に逆らう者は誰一人生かしてはおけぬ!」
しとうきねお学園長「君、私は学園長なんだけどね。」
退魔士メスロン「学園長あってこその、P学ですよね(と、ビールをつぐ)。」
傭兵オグマ「メスロン君、僕にもちょーだい。」
恋姫「酒が足りね〜とつまんね〜よ!」
キグナス「そんなことよりあの博士はニセモノじゃないのか?」
karz稲川「博士は阪神ファンのはずでは?(プロフィールにも載せてるし)」
偽博士「そんな話は聞いてませんぞ(理事長に耳打ちする)。」


 前に戻る  次に進む  メニューに戻る