10 Years After〜10年後〜 過去ログ・14


伊澤浩樹「そういえばクリスマスまであとわずかね。うちの屋敷で盛大なパーティー行なっちゃおうかな♪」
5150オプ「善は急げ!っていうか急いで準備せんと間に合わんぞ。」
シェリー「最高級のお酒を用意するわ。スコッチに大吟醸に紹興酒に・・・。」
しとうきねお学園長「うん?なんだかいい匂いがしますねぇ。」
影の声「これは巨大イカ焼きの匂いですな。」
博士「あぢぢぢぢぢ!誰じゃ―――!!!!!ワッチに火をつけた奴は〜!!!!」
琴音「なんてことをするの。ドクター!急患でーす。」
hiroK「保険証がないから、引き受けてもらえないじゃないか。」
巫女「さあ夫婦の方には家庭円満、愛し合う2人には縁結びのお守りをプレゼントしま〜す(あの2人は除いて)。」
バーラ薔薇「ハ〜イ淋しげなレディたち、今日は出張ホストデーとして盛大にパーティー盛り上げていこうぜ!ほらアール、早くもお呼びだよ〜。」
低電圧アール「と言う訳で今日は目いっぱいサービスしちゃうよ〜って…これでいいんだろうか(汗)。」
ハンマー百t「そう言ってよう社姉ちゃんを口説こうとしても、そうはさせんぞ!だって生涯の伴侶になる人なんだから!」
ようせい社の社長「まあ、頼もしい事!百t君の体もさぞたくましそ〜ね(と脱がし始める)」
逢瀬諾「…結局、男に走ってしまうのね。」
特撮アニメ「仕方がないでしょ。日本じゃ同姓どうしでの結婚は認められてないんだから」
硬派ロード「うぬぬぬ・・・アールに百tが腑抜けに成り下がりよって…!おいかたりん!此奴らの根性叩き直そうぞ!」
かたりん「…うるさいなあ、こちとら客をさばくので精一杯なんだよ!やるならあんた一人でやってくれ!」
キグナス「かつての構成員に見捨てられるとは、硬派も落ちぶれたもんだな。」
ロンメル将軍「もともと、大したことない奴だろう?」
ちりこ「ほらほら、このまま忘年会まで盛り上げちゃいましょうよ〜♪」
特撮アニメ「クリスマスパーティに忘年会。いくら酒があっても足りないよ。」
恋姫「おらー、ジャンジャンもってこんかい!酒が足りんぞ!」
低電圧アール「はいはいー!・・って、別に、俺はオマイなんか好きじゃ・・・。」
恋姫「てめえはそれでもプロのホストかよ!!」
MAT松楠「お店にも客を選ぶ権利はあるんじゃないの?」
ゲンドン「でも、客の前で好き嫌いを正直に言うのは、ホストとしては失格だね。」
低電圧アール「こ、こら〜!お前らー!!誰がホストじゃ・・!ぽか!」
ようせい社の社長「ほらほら、ホストは脱いでサービスしなきゃー(と服に手をかける)」
青柳ういろう「あ、ヤバイ、奥さんとこに逃げよw」
バイリンギャル子「ギャハハハハ!ドタドタ!エスケープアルネー!!」
退魔士メスロン「まあ、あんたからは誰だって逃げたいわな。」
低電圧アール「俺はそんなことないよ!(ケロッ!)」
マルガリータ「博士はあたしから逃げないわよね。」
青柳ういろう「ね〜」
博士「ワッチ、オカマ嫌い〜!!」
マルガリータ「そんなこといわないでいい事しましょ(と、博士を押し倒す)。」
らむね「やだぁー、エッチなことはだめー。」
軍司將軍「20代後半のくせにカマトトぶるなっ!」
らむね「ひど〜い!わたしまだ23歳なのに〜!」
影の声「どっちみち、そんな子供ぶった言動は似合わない歳だろうが。」
青柳ういろう「こいつは寝言までこうなのか」
低電圧アール「ヲマエモナー」
バイリンギャル子「ヲマエモナー、キャハハハハ!」
hiroK「堂々巡りになるからやめときな。」
青柳ういろう「あはは、注意されてやんの、あはは!」
ゾンボダノバイオバ「ケケケ」
麻山真樹「ところで…この宴会いつまで続いてるの?」
横琴「みんなお酒の飲みすぎで日時感覚まで狂っちゃってるからな〜。でも真樹くんと久しぶりに会えたのは嬉しいよ。」
世沙明「天様…(と寄り添う)。」
天空神「これ、瞑想の邪魔をするでない。」
かたりん「…………(無視してラーメン仕込を続ける)。」
心☆必「そう言えば…局長に館長はどうしたのかしら?」
MAT松楠「う〜もう飲めないよ〜。」
karz稲川「Zzz…(爆睡)。」
αスピカ「もう疲れた…(バイクにまたがったまま居眠り)。」
しとうきねお学園長「皆さんお疲れのようですね〜。グビグビグビ。」
伊澤浩樹「先生、もうお酒はごぜいませんよ。そのくらいにしといた方がよろしいかと…。」
加藤邦迦「この先、一体どうなるんだ?」
ちりこ「と言う訳でそのまま第4部へつづくっ!」


 前に戻る  次に進む  メニューに戻る