10 Years After〜10年後〜 過去ログ・12


青柳ういろう「テレビの前の皆さんこんばんわ。あなたのアイドルアナウンサーういろうです。さて、野球が大好きなP学生OBが集まり、日本シリーズ前夜祭が行われてますが…えっと、何だっけ?」
なぞのM「(カンペ片手に小声で)お父さん、ビールかけ!」
ハンマー百t「ちくしょうっ、今年はBクラスか。」
現代古典「まさか、負け越してしまうとは。」
名門の御曹司「もっと、補強しておけば優勝れきたのにー。ヒック。」
ちりこ「2年連続でプレーオフに敗れるなんて・・・。」
karz稲川「黒田・新井がタイトルを獲ったのがせめてもの救いか。」
旅がらす以上、ヤケ酒軍団でした。相当酔ってます。」
Tigers18「むう、わが投手陣はいったい何をやってるんだ・・・。」
猛虎女帝「・・・。自棄酒よ!!日本酒でもワインでも何でも持ってきなさい!!」
ゲンドン「…女帝くん、逆転勝ちの機会はあるぞ(と、機密文書を渡す)。」
イダテン「どうあがこうと、我らがマリーンズの優勝はまちがいないんだ!」
名門の御曹司「神聖巨人の応援をパクるな!ロッテファン。ヒック。」
ハンマー百t「パクッたのは巨人だろうが!」
なぞのM「盗人猛々しいとは、あなたのことね。」
地中海刑事「盗人?逮捕だ!」
理事長「ギャー、警察がここまで来るとは(汗)。」
名門の御曹司「うるさいっ、ロッテの応援だってもともとJリーグのパクリだろうが、ヒック。」
特撮アニメ「こうなったら…音撃斬!『雷電激震』!!」
横琴「やれやれ、今日もマナー悪い阪神ファンっているもんだね。マリンスタジアムじゃ逮捕者まで出た有様だし。」
猛虎女帝「あんなDQNは本当阪神ファンじゃないわ。」
Tigers18「本物の阪神ファンはあんなことせぇーへんでー。」
軍司將軍「しかしながら試合終了後にはキチンと後片付けをして帰っていくマリーンズサポーターとやら…日本人の鑑だな。」
横琴「でも、マリサポの牽制のときのブーイングはカンに障るんだけどね。」
猛虎女帝「さあ博士!出番よ!マリーンズの奴らに一泡吹かせておやり!(と博士にマイクを渡す)」
博士「♪六甲おろ〜〜〜ちに〜〜〜ちゃ〜〜ちょお〜〜〜とおおおおお〜〜〜〜!!!!♪」
イダテン「そんな妨害にもめげず、
マリーンズ日本一〜〜!!!!!!
karz稲川「何と言っても女神よしこ様のおかげだもんね〜〜〜〜〜!!!!」
マルガリータ「キ――――ッ!!!!せっかく博士が歌ってくれたのにどうして負けちゃったのよォ!!!!(ヤケ酒)」
青柳ういろう「皆様こんばんわ、再びういろうです。只今日本一祝賀会場ではものすごい騒ぎになってます。31年ぶり3度目の日本一に輝いたロッテを祝おうと、大勢のパズラーが集まってます…あっ!ビールかけが始まりました!!!!私まで巻き込まないで〜〜〜〜!!!!!!」
しとうきねお学園長「ビールはかけるものではなく、飲むものですよ。グビグビグビ。」
影の声「酒を浴びるように飲む人に言われたくないですな。」
バーラ薔薇「ふっ、僕のように優雅に酒を飲めないなんて皆哀れだね。」
イダテン「31年ぶりなんだ。はしゃいで何が悪い。」
拳王「あんた、31年もファンやってねぇだろう。」
Tigers18「4連敗するとは。ヤケ酒やー。」
猛虎女帝「早くビールの追加持ってきなさいよー。」
しとうきねお学園長「残念だったねぇ。来年はきっと日本一だよ。グビグビグビ。」
イダテン「勝利の美酒を31日間味わい続けるぜ!」
αスピカ「ビールの追加、到…着……(疲れ果てて転倒)」
H氏「ムヒムヒ、色っぽいおネエさんが道に横たわってるぞ♪」
低電圧アール「お、おいって!!俺だバカ!!脱がすなッッ!!」
心☆必「スピカちゃん、私が肩を貸してあげるわ。」
逢瀬諾「女同士の愛は美しいわね。あたしも、よう社お姉さまと・・・。」
ハンマー百t「よう社姉ちゃんは僕のものだぞ!」
低電圧アール「うぎゃーーーーーー!!!!!!」
バイリンギャル子「キャハハハッハハハハハハハ〜〜〜!!!!!」
イダテン「こんな空気を読めないバカはほっておいて、さあ次はアジアンシリーズだ!」
karz稲川「マリーンズ、アジアリーグの前祝いだ。乾杯!」
ハンマー百t「間違いいなく優勝ですよね。乾杯!」
しとうきねお学園長「乾杯か。いい言葉ですね。グビグビグビ。」
一読者「僕も一緒にグビグビグビ。」
影の声「学園長、酒が飲みたいからって無理やり口実探す事も無いのでは?


 前に戻る  次に進む  メニューに戻る