10 Years After〜10年後〜 過去ログ・10


低電圧アール「HDK」
H氏「の名にかけてー。ちゅどーん♪」
キグナス「おおっ!すごい!特攻でQDの先鋒部隊は混乱してるぞ!」
バイリンギャル子「Qユルキュル、Dッカーン!!キャハハハハハ!!」
博士「グギャー!!」
琴音「博士は関係ないじゃない。どうして博士を巻き込むの?」
猛虎女帝「お約束だからよ。決まってるじゃない。」
影の声「では約束を破ったら針千本だな!!」
バイリンギャル子「サウザン・ドレッシング〜!!キャハハハハ!!」
青柳ういろう「あ、あちらにたった今針千本飲まされた方がいらっしゃいますので、早速インタビューしてみましょう。痛いですか〜?」
旅がらす「な…ぜ…私が…針千本…飲まなければ…ならないん…ですか……。グフッ……(気絶)」
ゾンボダノバイオバ「ぐしゃ!!」
ロックX「旅さん安らかに眠ってください。って、僕がレポーターやるんですか?(劇汗)」
横琴「次の犠牲者はロック君に決まりだなw」
hiroK「へぇ。そいつは見ものだな。」
青柳ういろう「失礼しました・・・たった今、息を引き取られました・・・。あ、あちらにも針千本飲まされた方がいらっしゃいますので、早速インタビューしてみましょう。戦争、お好きでいらっしゃいますか〜?」
旅がらす「死んでません!!殺さないでくださいッ(ToT)」
キグナス「人気があればジャンプのキャラみたいに生き返れるぞ。」
影の声「P学では来週には生き返れるのがお約束だ。」
NO「約束を破ったら針千本よね?」
低電圧アール「(ササササ・・・・と近寄り)君となら、約束なんか破ったりしないさ。」
青柳ういろう「あ、あちらにもたった今針千本飲まされた方がいらっしゃいますので、早速インタビューしてみましょう。死ぬのは怖いですか〜?」
低電圧アール「特攻した挙げ句にこんなことされるなんて、ごめんだよ〜。」
成原成行「息子よ、そこにいたのか!世界征服の為にはお前が欠かせないのじゃ!早速針を全部取り出してメンテナンスをせねばならんな!」
ゾンボダノバイオバ「ドタドタドタドタドタ・・・」
渡空燕丸「あー壊れちゃいましたね。せっかくメンテナンスしたのに。」
ロンメル将軍「ちゅどーん!!」
心☆必「あら・・・何か鉄屑が降ってきたわ」
らむね「や〜ん、らむねこわ〜い!誰か守って〜!」
αスピカ「・・・避ければいいだけじゃない。」
諸葛子瑜「あー!ヘルメット、いいなー!私は傘をさしてみよう・・・」
シェリー「おしゃれな日傘をプレゼントするわね。」
らむね「誰か、らむねと一緒に相合傘してくれないかなあ?」
H氏「もちろん俺とだよね。グヘヘヘ。」
MAT松楠「おぉい、そっちの方に鉄くずが大量に飛んで行ったぞ〜。」
博士「ギャー!」
一読者「お、俺は関係ないー・・・、ぐふっ。」
猛虎女帝「自分から関わってるんじゃない。」
現代古典「好きでやってるんだからほっときましょ。」
試験管少女「きゃー!!私の愛車にキズがぁぁぁ!!」
影の声「廃車寸前のポンコツ車をそんなに気にする必要も無いと思うのだが??」
横琴「なになに、トンコツ?ラーメンの話??」
軍司將軍「トンコツラーメンの元祖は・・・。」
F15イーグル「お前の言ってることは、ラーメン発見伝の受け売りだな。」
十字架天使「なになに、アーメン?一緒にお祈りするの?」
ちりこ「ソーメンですよ。まだまだ暑いし作るの楽だから・・・。」
試験管少女「ソーラン節?それなら歌えるわ!」
5150オプ「私、コーランを暗唱できますよ。」
αスピカ「ソーランもコーランも全然知ーらん」
karz稲川「あっ、新井がまた今日も2ランホームランを放った〜!!(野球中継を見ている)」
名門の御曹司「ドームランで巨人有利に試合を進めるんです。」
ハンマー百t「迷曹!東京にプロ野球はスワローズだけでいいんだよ!」
バイリンギャル子「オー!ツバメ、ネ〜?キャハハハッ!」
旅がらす「ツバメと言ったら「公約:何もしない」でお馴染みの方がこちらに!」
渡空燕丸「…ん?誰か呼んだ?」
NO「鳥類といったらあの人を忘れちゃいけないわ。」
キグナス「白鳥の俺だな。」
ラーミア「神の鳥のあたしも忘れないで。」
ハンマー百t「かたりん。こいつら纏めて焼き鳥にして売ったらどうだ。」
かたりん「よせやい。まずくて、店がつぶれちまうよ。」
羅魔流「ちっ、これで潰れてくれたら良かったのに。」
ロンメル将軍「ところで夜霧とやら、QDの領土は好きに支配してよかったんだよな?」
夜霧「当たり前のことを聞くんじゃなかと!」
ロンメル将軍「では九州全体も私の好きなように支配していいってことだな!名産品を片っ端から食いあさってやるぜ〜!」
馬場Jr「さすがロンメル様!お目が高い!」
後醍醐天皇「仲間割れとは痛快ぞよ。」
軍司將軍「やはり私独自で動いた方が良かったのかもしれんな。」
影の声「たった一人で何やろうという気だ?」
ルバータ「抗争なんて古いわ。みんな仲良くしましょう。」
加藤邦迦「…うまいこと言うだけ言って、現実逃避してるだけじゃん。」
ようせい社の社長「頑張れ夜霧ィ〜ロンメルなんかに負けるな〜(笑)。」
猛虎女帝「今は阪神の優勝争いに注目しなさい!いずれは日本一、いやアジア一、世界一の野球チームになるのよオッホッホッホ〜!」
バイリンギャル子「キャッハッハッハ〜!!!!!」
名門の御曹司「日本一のチームはいつでも巨人に決まってるのらー、ヒック。」
イダテン「ヤケ酒のんでつぶれてるよ、ま、あの成績じゃな。」
横琴「ホント、哀れだよねえ。」
ちりこ「痛々しくて見てられないわ。」
αスピカ「そうそう、もうすぐカウンターが3万ね。誰が踏むのかしら。」
karz稲川「博物館始まって以来、P学生以外の方が3万ゲットとなりますた。」
低電圧アール「けしからんな〜。」
心☆必「そんなこといわないで。一緒に乾杯しましょう。」
低電圧アール「ふらふらふら・・・。あ、いかんいかん。」
しとうきねお学園長「その程度で酔っ払うとはまだまだですね。」
NO「スコッチを3本も空ければ酔うと思うんですけど・・・。」
伊澤浩樹「ところで、例の県争いしてる人たちってどうなったのかしら?」
5150オプ「無視した方がいいぞ。いずれ共倒れするのがオチなんだし。」
加藤邦迦「崩壊寸前のQDには俺が止めを刺してやるぜ!でも、どんな方法でやってやろうかな?」
玉姫
「もうこうなったら何でもアリだ!ゾンボ!全部踏み潰そうぜ!」
ゾンボダノバイオバ
「ケケケケ!どっでこどっでこどっでこガシガシガシ〜!」
夜霧
「同士には見捨てられ、しまいにはこうなるのか…ぐしゃ。」
後醍醐天皇
「フッ、所詮征服を企む者は悲惨な末路をたどる運命ぞよ。」
ロンメル将軍「俺はこのままでは終わらんぞ〜!俺の時代が再び…ぐしゃ!」
馬場Jr「ロンメル様!傷は浅いですぞ!しっかり…ぐしゃ!」
hiroK「ま、予想通りのオチだったな。非常にベタだけど。」
MAT松楠「QDの連中が自滅したところで、運動会をしましょう。」
イダテン「邪魔者が消えた以上、これでプレーオフの応援に力を入れることが出来るぜ!負け越し球団なんかには絶対に負けられん!」
現代古典「フッ、要はプレーオフでいかに効率よく戦うかだ。去年制した以上、今年も頂く!そうだよねっ?」
シェリー「分かってるじゃない。パ・リーグがこんなに面白いものなんて思わなかったし。」
横琴「かつては同じ巨人ファンだったけど、今は別だ!シーズン1位を制した以上、理不尽なプレーオフでペナントを取られてなるものか!どっちが上がって来ようが、返り討ちにしてやる!」
ちりこ「日本シリーズが待ち遠しいわね〜。えっ、まだなの?」
皇淑「母ちゃん、第2ステージを制さなければ日本シリーズに出られないんだよ〜。」
猛虎女帝「この続きは第3部でおやりなさい!さあ、猛虎の餌食になるのはどこの球団になるのかしらオッホッホッホッホ〜〜〜!!!!」


 前に戻る  次に進む  メニューに戻る