10 Years After〜10年後〜 過去ログ・9


旅がらす「戦場特派員の旅です。場所は変わりまして、こちら中国・四国戦線ですが、開戦劈頭のQDを中心とした分離主義勢力の電撃作戦が成功し、四国全土が制圧され九州から大阪湾までの瀬戸内海の制海権と制空権は完全にQDに握られました!」
ロックX「・・・旅さん、字多すぎませんか?え〜これにより中国・四国戦線のみならず近畿戦線にも大きな影響があるものと思われます。」
旅がらす「それでは、一旦スタジオにカメラを戻しま〜す。」
ロックX「素朴な疑問なんですが、スタジオって誰がいるんですか?」
しとうきねお学園長「う〜ん、夜霧君達も稲川君達もみんな頑張ってますとね!両方に勝たせてあげたい!グビグビグビ〜ッ(とビールを飲み干す)ぷは〜っ!美味い!」
シェリー「しとう先生、もう大ジョッキ40杯目ですよ!?」
αスピカ「いい加減、ビールの宅配も疲れたよ私・・・」
影の声「急げ〜!このペースではビールが足りなくなるぞ〜!!酒屋という酒屋に電話掛けまくれ〜。」
低電圧アール「・・・で。何で俺にかける。」
バーラ薔薇「アールよ。君の体の稼ぎどきだぞ。」
琴音「しとう先生の体調チェックは本職の私に任せてくださいね。」
低電圧アール「だから!!俺は!!??ぎゃーーー!!」
MAT松楠「ところで、近畿の戦況はどうなったんだ?旅がらす君報告してくれ。」
旅がらす「はい!こちら戦場特派員の旅です。一時陥落寸前まで押しまくられた姫路城ですが、土方KCS局長の抜刀隊による押し返しにより現在戦線は硬直しています。これから現場の映像を送ります。」
ロックX「どうでもいいですけど、僕たち機動力高すぎませんか?」
特撮アニメ「P学は何でもありの世界だから、気にしない気にしない。」
羅魔流「ふふっ、国宝指定の姫路城を落とせると思わないでよ!!」
影の声「どうなろうと知ったこっちゃないですね。」
旅がらす「運が悪けりゃ死ぬだけさ〜♪」
ロックX「旅がらすさん、私を盾にしながら観戦するのは止めてもらえませんか?(涙)」
ロンメル将軍「ふぉっふぉっふぉっ関西人どもめ、震え慄いて我が名を唱えよ。我が名はロンメル!バトルドロイド達よ手を休めずに砲撃を加えろ!」
ザクセン公「おらおら〜っ!QDのお通りだ!!さっさと姫路城を明け渡した方がいいんじゃないのか?ズガガガガ〜ッ!!」
後醍醐天皇「フッ。朕はこれより出陣するぞ!野戦でケリをつけてやるぞよ!」
土方歳三「帝。オレもついていってやるぜ!今宵の虎鉄はよく切れる・・・。」」
羅魔流「後醍醐君、気をつけて。」
魔将軍ヤン「帝!先陣は私にお任せあれ。行くぞ〜っ!!クローントルーパーの諸君!!」
低電圧アール「誰だよ、ヤンって。」
青柳ういろう「・・・といったところで、早速インタビューに移りたいと思います。え〜と・・・あ、あちらに弾に当たった方がいますので、早速インタビューしてみましょう。お元気ですか〜?」
旅がらす「・・・こ・・これが・・・元気そうに・・見え・・ます・・・か・・・(気絶)」
ロックX「とりあえず、スタジオに返します。(た・旅さーん)。」
しとうきねお学園長「うーん、現場は大変ですなぁ。グビグビグビ(57杯目のビールを飲み干す)。」
バイリンギャル子「グビグビ・オー・グビネ!!」
NO「学園長!大変です!!冷えたビールがもうありません!!」
なぞのM「戦争なんかより、こっちのほうが大変みたいねぇ。」
渡空燕丸「誰かが寒いギャグをいえばビールが冷えるかもw」
キグナス「俺のダイヤモンドダストで冷やそうか??」
低電圧アール「凍ったらビールはうまくねぇだろう。」
青柳ういろう「テレビの前の皆さんこんばんわ。世界平和をあなたと共に考える、愛と正義のリポーター、青柳です。今、私は、皆さんよ〜くご存知の厨房に来ております・・・あれ?」
渡空燕丸「熊本の名店、味のれんの厨房で何やってるの??」
なぞのM「もう、お父さんたらまた間違えて。つまみ食いしちゃダメでしょ。」
低電圧アール「「そうだね、Mよ」・・・って、何で俺だよ。」
影の声「このポンコツロボットはさっさと修理した方がいいな。」
伊澤浩樹「学園長のビール代で修理費がありませんわ。」
夜霧「もう、こんなヤツはほっといて、俺たちを注目してくれよ。」
ハンマー百t「君らよりしとう先生の飲みっぷりのほうが気になるよ。」
試験管少女「戦争屋は引っ込んでなさい。さあ、先生ビールをどうぞ。」
しとうきねお学園長「うん、ありがとう。グビグビグビ〜ッ(と5杯連続で飲み干す。)」
バイリンギャル子「サテハ!!OH!!コイツ、ニセ・ガクエンチョ・ネ!!!!」
マルガリータ「当たり前でしょ!!本当の学園長は博士なんですからね!!」
十字架天使「そうですわ皆さん。そして私は学園長婦人なのですよ。」
琴音「ところでお二人とも、さっさと戦場にいってきてくださいね。博士は私が面倒見ますので。」
イダテン「戦場に『逝ってきてください』の方が正しい気がするな〜。」
しとうきねお学園長「そんな物騒なこと言わずに、まあ、ビールでも飲みましょうや」
横琴「学園長、あの、ビール切れてしまったんですけど・・・。」
心☆必「ホッピーで我慢していただけます?」
青柳ういろう「テレビの前の皆さんこんばんわ。世界平和をあなたと共に考える、愛と正義のリポーター、青柳です。今、私は、皆さんよ〜くご存知のスタジオにおります。つい先ほどまで山かと見まごう程積みあがっていたビールの山が、とうとう尽きてしまうという戦場以上に緊迫した展開となっております。一旦カメラを戦場に戻します。」
低電圧アール「バーカ!!何やってんだ!!んな場合じゃねええーー!!」
バーラ薔薇「そうだアール!ここは世界平和の為に奴らの進撃を食い止めるべく、特攻を仕掛けてみないか?大丈夫、骨は拾ってあげるから。」
猛虎女帝「特攻用攻撃機『桜花』を用意しとります。さあ、これに搭乗しておくれやす〜。」
hiroK「達者で逝って来いよ〜(見送り)」
かたりん「おい百t!俺達も行くぞ!アールが果敢に攻撃を仕掛けたからには、俺達も後に続かねばな!」
ハンマー百t「待ってくれよ〜このハンマー運ぶだけでもきついんだぞ〜。」
夜霧「フッ。かつて私もHDKに所属していたが。かたりんや百tともあろう男が・・・無様なものだなぁ。かつて友と呼んだ男達よ、私がHDKの歴史に引導を渡してやろう。」
現代古典「え?お前、昔HDKにいたの?」
キグナス「覚えてないな。」
H氏「なになに?HDKってH氏大好き組合の略?」
博士「ワッチはもてるからなぁ。」
名門の御曹司「一番モテるのが僕だって事、忘れちゃいないでしょうね!」
F15イーグル「しまった!こいつも一緒に特攻兵器に載せるべきだった!」
ルバータ「被爆国として、核を使うなんてもってのほかですわ。」
軍司將軍「中共や北に対抗するためにも日本も核を持つべきだっ。」
影の声「あんたと博士が真っ先に被爆しなさい。」
しとうきねお学園長「ところで…ビールはまだかい?」
5150オプ「先生、ワインを10ダースほどお持ちしました。香りを堪能しながら飲むのも結構いいもんですよ。」
しとうきねお学園長「それもそうだね。う〜ん、これは中々良いねぇ。ふむ、良いねぇ。(勿論ビンをラッパ飲みしている)」
αスピカ「子瑜くんに頼まれた泡盛を配達に来ましたよ、学園長」


 前に戻る  次に進む  メニューに戻る