10 Years After〜10年後〜 過去ログ・8


ロンメル将軍「収拾がつかない!全部焼き払ってやる!!」
低電圧アール「じりじりじり・・・。んっ??わあああっ、焦げてるじゃん!!って、君のハートに・・・(バタ!!!)」
心☆必「せっかくだから信州名物「おやき」を焼きましょう」
バイリンギャル子「オー!!ヤキヤキ!!」
玉姫「やい!調子こいてんじゃねぞ!お前に焼きいれてやる!!!」
低電圧アール「だから、俺にすなーっ!!!ジュジュジュ・・・!!」
博士「ギャー、アヂー。」
hiroK「特大のイカ焼きができそうだな。」
karz稲川「10年経っても変わらんノウ!!」
しとうきねお学園長「グビグビグビ〜ッ!今日もビールが美味いですねぇ〜!」
博士「プハァ〜。オイチ〜!」
影の声「ところで博士。お前が飲んでいるのは牛の小便だぞ。」
十字架天使「誰よ。こんなひどいことするのは。」
青柳ういろう「おれおれw」
なぞのM「もうお父さんったら、自分も間違って飲んじゃってるわよ。」
横琴「あら?ういさんってお酒飲めないんじゃなかったっけ?」
影の声「なるほど。だからビールの替わりに、自分も牛の小便飲んでるんだな。」
ロックX「そんなアホな・・・。」
牧伸二「あ〜んあ〜んあっやんなっちゃった〜あ〜んあ〜んあっ驚いた♪」
夜霧「ヘボ歌だな。所詮関西人間のレベルはこの程度だな。」
羅魔流「QD野郎!関西をバカにすると許さないよ!」
土方歳三「夜霧!今度こそ貴様をぶった切ってやるぜ!」」
後醍醐天皇「フッ!QDごときに屈する関西ではないぞよ!」
海「帝!出撃準備整っています。」
夜霧「どうやら、関西の諸君は再び我々QD軍に蹂躙されたいようだな。」
夕霧「夜霧様。QD軍及びQDSの集結が完了いたしました。ご命令を!」
キグナス「フッ。夜霧ごときオレのダイヤモンドダストを使うまでもないな。」
軍司將軍「夜霧。お前が本気なら皇国水軍大将の私も協力してやろう。」
雷撃魔神「夜霧様〜!関東東北方面は、私におまかせを〜(エコ〜エコ〜エコ〜)」
ロンメル将軍「フォッ フォッ フォッ 夜霧とやら私も退屈していた所だお前の話しに乗ってやろう。」
ルドルフ・ヘス「同志成原大佐。我々JNSCもQDに組するべきだと思うが、どうか?」
現代古典「こ、こいつら・・・。」
成原成行「・・・私もかつはHQDでしたが、JNSCのためならヘス様のご決断に従います!ジーク・ハイル・ヒトラー!」
karz稲川「分離主義者どもめ・・・。降りかかる火の粉は払わなければならない、しかし、再びPSKの軍服を着る事になるとは・・・。」
影の声「お前ら全員本当に成長という言葉とは無縁だな。」
ルバータ「戦争なんかやめて〜。今年は終戦60周年を迎えるのよ!ね、ロンメル君なら分かってくれるでしょ?」
ロンメル将軍「ふぉっふぉっふぉっ、私の血は今大いに騒いでいるのだ!」
馬場Jr「皆の者、ロンメル様のお出ましだ!頭が高い!!」
試験管少女「あなたなんて、誰も覚えてないわよ。」
渡空燕丸「みんなセリフが長すぎて眠くなっちゃった・・・ZZZ・・・」
恋姫「うるへ〜〜まだお酒足りないろ〜〜〜」
しとうきねお学園長「そうですね。早く追加のビールを持ってきてください。」
シェリー「まだ飲むんですか!もう10杯も大ジョッキで飲んでるのに。」
なぞのM「ささっ学園長。ジャンジャン持ってきますよ〜。」
旅がらす「いかがですか学園長、最後の出し物はスターウォーズもどきの戦争ですが?」
ロックX「た、旅さんそれは強引では?」
しとうきねお学園長「グビグビグビ〜ッ(とビールを飲み干す)戦争もP学の活動の一つでしたからね〜。」
加藤邦迦「行くぜ〜っ!!夏の暑さに戦争を〜求めて燃ゆる若人の〜来たれる所〜我が学舎〜♪キュインキュイーン(ギターを鳴らしてる)」
旅がらす「と、P学の校歌にもあるので皆様続きをどうぞ!!」
ロックX「ダメだ〜っ!!オレこの人についていけないよ〜・・・。(と、頭を抱えこむ)」
ちりこ「ところで、まともに歌える人いるの?」
夜霧「JNSCをはじめとする皆さんのご協力に感謝する」
ルドルフ・ヘス「同志夜霧、我々のバトルドロイド軍があれば我々分離主義勢力の勝利は間違いありません。」
ちりこ「聞いてないし・・・。」
H氏「むふふ〜。話なら僕がホテルでゆっくり聞いてあげるよ〜。」
お銀「だったらあたいが相手しても良くってよ!」
軍司將軍「フッ。このように腐敗したP学を私が、QDと共に立て直してやろうというのだ!!」
karz稲川「分離主義者どもがバトルドロイド軍なら我々は、以前より研究製造していたクローン兵の軍隊を投入するしかなさそうだな。」
キグナス「クローン兵ですか?稲川さん?」
karz稲川「そうだ!これがそのクローントルーパー達だ!!」
加藤邦迦「凄い!これでQD野郎の野望を叩き潰せる!!」
旅がらす「こうしてクローン戦争の始まり始まり〜。」
ロックX「・・・って旅さん、紙芝居じゃないんですから!!」
特撮アニメ「P学も、妙な進化を遂げたものだなあ(しみじみ)」
試験管少女「古い常連の私達にはついていけない展開だわ・・・」
青柳ういろう「古い古い常連の試験管さんには理解できないでしょうなあ」
低電圧アール「てめえもだ、ボケ!」
現代古典「そこのお若いの。それは僻みかね?」
横琴「ボケはてめえの方だよ。これ、マジで言うけど、感じが悪すぎるぞ。」
しとうきねお学園長「まぁまぁ、少し落ち着いて。売り言葉に買い言葉だと泥沼になりますよ。」
特撮アニメ「学園長のおっしゃるとおりです。皆さん少し落ち着きましょう。」
ロックX「戦争よりこのやりとりの方が緊迫感を感じるのは何故でしょうか?旅さん?」
旅がらす「それはこっちの方がずっとシリアスだからだよ、ロック君。と、いう事で場を和ませるために戦争に戻りましょう。」
ロックX「はい!・・・え?あの、それなんかおかしくないっすか?」
猛虎女帝「あなた丸めこまれてるわよ。」
牧伸二「あ〜んあ〜んあっやんなっちゃった〜あ〜んあ〜んあっ驚いた♪」
旅がらす「こちら戦場特派員の旅です。只今、近畿戦線最大の激戦区姫路城の前に来ております!」
羅魔流「姫路城の防衛ラインは絶対死守する!大阪にはQDを絶対入れないから!」
土方歳三「羅魔流くん、KCとKCSの再結成だな。バトルドロイドなんか全員ぶった切ってやる!!」
後醍醐天皇「「再び錦の御旗を掲げる事になるとは・・・。故郷を再びQDに蹂躙される事だけは我慢できぬぞよ!」

牧伸二「後醍醐!航空支援はオレがするから安心しろ!」
ロックX「牧さん、さっきまでウクレレ持ってたのに・・・。」
旅がらす「あ〜んあ〜んあっやんなっちゃった〜あ〜んあ〜んあっ驚いた♪」
ロックX「旅さん、ハーモニカ吹きながら歌うなんて機用な事よく出来ますね。それから、パクリは止めてください。他にも言いたい事いっぱいあるんですけど、いいです。」
猛虎女帝「大丈夫?あなた疲れてるみたいだけど。」
ロックX「大丈夫です。もう慣れましたから(目が虚ろ)」
ロンメル将軍「ふぉっふぉっふぉっ 馬場よもう一息で姫路城は落城だな。」
馬場Jr「はい。もうまもなくです。」
青柳ういろう「テレビの前の皆さんこんばんわ。世界平和をあなたと共に考える、愛と正義のリポーター、青柳です。今、私は、皆さんよ〜くご存知の戦場に来ております・・・」
らむね「や〜ん、らむね怖〜い。」
H氏「ムヒヒ。僕がついててあげるよ。」
青柳ういろう「(ちゅどどどどど〜ん)皆さん!今H氏に砲弾の直撃が確認されました!これが戦場の恐ろしさなのか、それとも神の裁きなのか?」
天空神「悔い改めなさい。終末の時は近い。」
hiroK「QDの皆さんおとりこみ中すいません。差し支えなければ、こいつの頭上にももう一発。大丈夫です、バチなんてあたりませんから。」
博士「ウギャー!」
軍司將軍「確かにバチは当たらんわな。


 前に戻る  次に進む  メニューに戻る