10 Years After〜10年後〜 過去ログ・7


ハンマー百t「オールスターも終わったし、みんなもいい感じで出来上がってきているので、そろそろ宴会芸大会といきたいのですが、いかがでしょうか学園長?」
しとうきねお学園長「いいですね〜。みなさんの宴会芸観たいですね〜。」
青柳ういろう「前田がMVP?で、配当金は…ってあれ?」
なぞのM「もうお父さんってば、まだ間違えてる。」
らむね「え〜?今のはもしかして夫婦漫才ですか〜?」
旅がらす「それでは、司会は私「燃えるいい男!」こと皆様の旅〜皆様の旅が務めさせていただきます!」
ロックX「アシスタントは私「遅れてきた超新星」ロックXが務めさせていただきま〜す。」
低電圧アール「だから!!俺を脱がすなって!!宴会じゃねえ〜!!!」
H氏「むふふ。あんなロボットよりも女の子のストリップが見たいな〜。」
マルガリータ「あら〜ん、私でよければ!」
旅がらす「さぁ〜いきなり予想通りの展開になってきましたが、この後どうなる〜?」
ロックX「た、旅さん?」
H氏「ムヒヒヒ。だから女の子がいいんだってば〜!タッチ。」
らむね「「イヤイヤイヤ!誰からむねを助けて〜!」
牧伸二「H氏よ!このウクレレ仮面がこれ以上お前の好きにはさせん!オレの(※放禁)を受けてみろ〜!」
青柳ういろう「行け〜!差せ!差せ!よ〜しそのまま〜!・・・あ〜!!!ってあれ?」
横琴「逃げた馬と、二番手につけた馬がそのまま残りましたよね。」
バイリンギャル子「kyahahahahahahahaha!!」
なぞのM「もうお父さんってば、競馬ブックなんか握りしめて。」
旅がらす「さぁ〜さぁ〜!序々にヒートアップしてきました宴会芸大会!次の出し物はこれだぁ〜!!」
ロックX「いや旅さん、出し物もへったくれも・・・。」
玉姫「次の出し物は、ゾンボと走るぞ〜。ついてこ〜い!」
ゾンボダノバイオバ「ドッデコ ドッデコ チンジメ〜!!」
羅魔流「あ、あたしのお店がぁぁぁぁぁぁぁぁぁ〜!!」
かたりん「ライバルが減ったな。」
琴音「そういえば、カタリンっていう点眼薬があるのよね。」
巫女「白内障の薬よね。」
後醍醐天皇「あ、何かがゾンボの前に立ちふさがったぞよ・・・。」
ゾンボダノバイオバ「ケケケケケッ!」
神獣ちょぼら「ゾンボ!お前には負けないぞ!ボォ〜ッ(と火を噴く)」
かたりん「オ、オレの店がぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ〜!!!!」
後醍醐天皇「かたりんのラーメン屋とかけて、大量失点した上にノーアウト満塁でなおピンチのマウンド上のピッチャーと解くぞよ。その心rは『どちらも炎上中』」
牧伸二「あ〜んあ〜んあっやんなっちゃった〜あ〜んあ〜んあっ驚いた♪」
影の声「ヘタな謎かけや漫談はやめてください。」
バイリンギャル子「オオオオオオオ!!!ストップ・ザ・マンダム・ネ!!!!!」
しとうきねお学園長「私はビールを飲めたらそれでいいんだけどね。」
夜霧「学園長、うちの畑で取れた芋で造った芋焼酎をお持ちしました。」
しとうきねお学園長「ありがとう。うん、この焼酎はいけるね!さて、次は誰が何を見せてくれるのかな?」
加藤邦迦「よしっ!ここは俺が歌うぜ!!俺の歌を聴け〜〜〜!!!」
低電圧アール「嫌ダネ!!」
旅がらす「では、替わりに低電圧アール先輩に歌っていただきましょう!」
ロックX「あぁ、旅さんが無理矢理マイクを握らせて舞台に引きずっていってる・・・。」
低電圧アール「ピィィィィィィィッ!!(ハウリング発生中)」
玉姫「アール様・・・おいたわしい・・・大好きだったんです本当は・・・って、言うわきゃねえだろ!ボカーン!!」
諸葛子瑜「ではひとつ私がサンシンでも弾いて差し上げましょう」
αスピカ「待ってました〜〜パチパチパチ〜」
低電圧アール「人の気も知らず!!!」
横琴「分かったから、黙って子瑜さんの出し物を観ようぜ。」
博士「ワシも合わせて歌う〜〜〜〜!!」
伊澤浩樹「いやっ、やめて。」
karz稲川「第一級警戒警報発令!全P学生は民間人を誘導しつつ非難!特殊戦術部隊は、学園長を安全な場所にお連れして逃げろ!」
らむね「こ、怖くて動けな〜い。」
旅がらす「Go!Go!Go!Move!Move!」
ロックX「司令官!ダメです、間に合いません!」
karz稲川「やむを得ん!全員対ショック用意!来るぞ〜っ!!」
博士「13番ワッチ。に〜げ〜たにょうぼぉ〜にゃ〜みれんは〜ないぐぁ〜♪」
十字架天使「しびれちゃう〜♪」
琴音「あぁ、ゾクゾクしちゃう〜♪」
マルガリータ「胸が締めつけられる〜♪」
ハンマー百t「あぁ、あの三人失神しながらうわ言をいってる・・・。ダメだオレも意識が・・・。」
ゾンボダノバイオバ「ドッデコ〜ドッデコ〜ギャウアゥア〜・・・(バタッ)」
ルドルフ・ヘス「ゾンボも倒れたか・・・。同志成原大佐!新兵器のプラズマ兵器で博士を止めるのだ!」
名門の御曹司「(ピクピク・・・。ピクピク・・・。)」
成原成行「ハイハイ〜。ヘス様〜。ズガガガガガ〜ッ!」
博士「バタッ・・・。グ〜スヤスヤスヤ〜。」
琴音「何するのっ。博士が氏んじゃったじゃないの。グスッ。」
博士「グガ〜ッ!スピ〜ッ!!ワッチもう食えん・・・ムニャムニャ。」
渡空燕丸「寝てるだけみたいだよ。(耳栓を外す)」
しとうきねお学園長「博士がこの程度で死ぬわけありませんよ。(グビグビグビ〜ッとビールを飲み干す)」
karz稲川「学園長!ご無事でしたか!!」
しとうきねお学園長「博士とは付き合いが長いから慣れてます。しかし・・・これはまた被害が甚大そうですね・・・。」
karz稲川「そうですね・・・。オペレーター、被害を報告してくれないか?」
ロックX「報告します!毎中本社連絡途絶。生徒会会館大破炎上中。メカゾンボ操舵不能。低電圧アール先輩サヨナラを打ち続けています。」
後醍醐天皇「う〜っ。まだ頭がズキズキするぞよ・・・。」
牧伸二「あ〜んあ〜んあっやんなっちゃった〜あ〜んあ〜んあっ驚いた♪」
青柳ういろう「あ〜ちくしょう!また縦目だ〜!・・・あれ?みんなどしたの?」
ハンマー百t「タテ目はBOX買いで防げますが、それは男のすることじゃないですよね・・・、バタッ。」


 前に戻る  次に進む  メニューに戻る