10 Years After〜10年後〜 過去ログ・5


羅魔流「ふぅ、今年も暑い夏がやって来はったね〜(店の前に貼り紙をする)」
karz稲川「ん〜なになに?『冷やし中華始めました…か?』…って知らんがな!」
かたりん「フン!笑止な!(店の前に貼り紙をする)」
夜霧「へぇ〜かたりんの奴、ラーメン屋持ってるのか…『冷やし中華始めますた』…って某掲示板みたいだな。」
心☆必「やっとドラマが再開するのね〜。待ちくたびれちゃったわ。」
ようせい社の社長「何か対決とかしてなかったっけ?」
イダテン「対決?ホークスとの首位決戦に敗れはしたが、まだまだこれからだ!L!O!T!T!E!ウォ〜〜〜〜〜ロッテ!!」
ちりこ「ちが〜う!NOさん・マルさん・琴音さんとの料理対決ですよっ!」
シェリー「あれからどんな料理が出来たのかしら?」
十字架天使「おやおや、なにやら必死で料理作ってるみたいだけど、まさかダーリンに食べさせるんじゃないでしょうね〜?」
NO「あなた…一体誰なの?」
十字架天使「教えてあげますわ。私は十字架天使。博士とはP学閉校後、私のダーリンとなったのよ!ねっ、そうでしょ?」
博士「…ワッチ、今思い出チた!でも、もっと嫁さんが欲し〜い!」
影の声「この暑さでやられた馬鹿がまた一人現れたか。」
ルバータ「日本では一夫多妻制は認められてません。」
らむね「それ知ってる〜。でも多夫一妻はOKなんだよ〜」
H氏「ムヒヒヒ、じゃあ僕のお嫁さんになってくれるんだよね〜。」
猛虎女帝「そんな奴いるわけないでしょ。」
ロックX「…(呆れて絶句)。」
ルバータ「女性にも選ぶ権利はありますわ」
試験管少女「ふぅ〜やっとP学の跡地に到着…っていうか、校舎なかったのにね。まあ、皆さんお元気そうで!」
シェリー「お久しぶりね。ところで、料理対決はどうなったの?」
ロンメル将軍「みんな失敗しろ!博士が食べるんだからな。」
横琴「そんなことわざわざ言わなくても、既に全員グダグダみたいだけど」
後醍醐天皇「それ程ひどくはなさそうだぞよ、う〜んいい香・・・・ぐがごぁ〜?!(錯乱状態に陥る)」
羅魔流「うぐっ!(眉間にシワが寄る)」
hiroK「最早ここまで来ると『毒を盛ってる』ようなもんだな。」
影の声「一気に死ねる毒の方がまだマシかもね。」
しとうきねお学園長「・・・また地域住民からの苦情になやまされるのか。(溜息)」
特撮アニメ「顧問弁護士の私としても気が重いです・・・」
F15イーグル「大丈夫。博士以外にもあの料理を食べさせる奴はいるんだから。」
名門の御曹司「まさか僕じゃないですよね?毒そのものを食べる気なんて毛頭ありませんからねッ!」
羅魔流「ところで、お願いだからうちのラーメン屋の前でこういう事するの止めてくれない?」
hiroK「らまる屋にはどっちみち客なんか来ないだろ。」
マルガリータ「博士ぇ。夏のスペシャルメニュー「肉じゃがカキ氷 冷やしそうめんスペシャル」が出来たわよ〜。」
琴音「お薬の用意が必要かしら。内科の先生に連絡をとらないと・・・」
影の声「必要なのは精神科医の方じゃないのか?」
現代古典「誰が手配したのか知らないけど、もう葬儀屋さんまで来てるよ〜。」
低電圧アール「面倒だから、全部ひっくるめて花火大会やるよ〜!校庭に集合!!あ、可愛い娘はもちね!!」
試験管少女「・・・何故に花火なの?」
バーラ薔薇「アールよ、それが終わったら店に戻ってくるんだぞ。なんせお前の指名客がいっぱい来てるんだからな。」
しとうきねお学園長「近所迷惑なので花火大会は慎むように!!」
横琴「どうせなら野球大会をしないか?」
5150オプ「野球場の手配なら任せろ!オープン球場を所有しているから思う存分に楽しめるぞ!」
特撮アニメ「オプ君は本当にスケールの大きい人になってるなあ。」
伊澤浩樹「ホントに頼りになる人だから、安心できますよ。」
琴音「料理対決はどうなるのよー」
ゾンボダノバイオバ「ドタドタドタ・・・・(料理を全部ひっくり返す)」
玉姫「ほらゾンボ!ワンツーでパス回しだ!それッ!!」
バイリンギャル子「キャハハハハハハハハハ〜!!!!!クシヤキ・ダホウ、ボカーン!!!」
低電圧アール「こらあ、おまいら!!俺をパス回しすなーーーって!!」
キグナス「と言いつつ、本当は玉に構ってもらって嬉しいんだろ?」
旅がらす「サッカーなら僕も参加させてください〜。」


 前に戻る  次に進む  メニューに戻る