館長・karz稲川プロフィール(P学での略歴)


P学以外のプロフィールも見たい方はこちらへ。


Personal Data

PN・(敬称) スーパージョー(1986.10〜1987.3)→アルカノイド(1987.4〜1988.9)→稲川☆良夫(1988.10〜1999.7)
karz稲川(1999.8〜)(君)
在籍都道府県 広島県(1986.10〜1993.3、2003.4〜)⇔群馬県(1993.3〜1995.5)→香川県(1995.6〜2003.3)
P学入学年月日 1986(昭和61)年10月30日(281回)
タイトル獲得数 DD出題回数 5回(319回、382回、506回、551回、586回)

ごほうび賞獲得回数 3回(357回、359回、562回)

パズル出題回数 3回(354回、367回、452回)

イラスト掲載回数 15回

91年度P学特別功労賞・92年度目立ち屋大賞受賞

「広島のみんな!もっとハガキを!」

 1986(昭和61)年10月2日(277回)、青柳ういろう君(以下、ういろう君・広島県)の紙面での呼びかけを見た私は「読んでるだけではもうつまらない!」と決心。10月30日(281回)にPN『スーパージョー』でP学に入学した。この時点ではういろう君の長きに渡る戦いはもちろん、6代目生徒会長に就任することなど考えもしなかった。

 1987(昭和62)年4月2日(301回)、PNを『アルカノイド』に改名。5月には生徒会役員・P学園自衛隊長に就任。学園の治安を守るべく、博士を撃退する目的で活動を開始した。
 しかしこの年の11月、ういろう君が広島・埼玉・静岡・京都・大阪の5府県からなる『青柳帝国』を樹立。同じ広島県パズラーということだけあって、この政策に協力した為にP学生からの反感を買う羽目になってしまった。

 1988(昭和63)年1月14日(339回)、この回でういろう君のDD出題とともに裏切りを宣言。同時に高校受験のため1ヵ月半休学したが5月26日(358回)、ういろう君との戦いが始まった。同時にこの頃、小室哲哉君(香川県)やドラゴン戦士君(富山県)ともケンカのやりとりを行っていた。

 この年の6月には同窓会中国地区支部長に就任。更に10月にはPNを『稲川良夫』に改名し、同時に広島市内にて『広島同窓会』を開催した。この時の参加者はミカエルくんと絵梨衣くん(ともに広島県)と私の3人で、非常に地味な同窓会となった。
 またこの時期、夜霧君(鹿児島県)が九州同盟(QD)を結成。同時に本州への侵攻を開始したこともあり、P学園自衛隊の名称をP学生徒解放軍(PSK)に改名して彼らと激しい戦いを行う。

 1989(平成元)年1月、4代目生徒会長選に出馬宣言。この時の他の立候補者はキグナス君(滋賀県)・玉姫くん(静岡県)・名門の貴公子君(後の名門の御曹司・東京都)など7名いた。しかし5月の開票結果、キグナス君が2位を10票以上引き離しての当選となった為、見事に敗れてしまう。

 3月23日(399回)からはPNの名字と名前の間に『☆』を入れ、『稲川☆良夫』とした。ちなみに『☆』には正式な読み方があり、『シャイニング・クイズスター』と読む。
 更にこの時期から、今までにないP学園の小説を書いてみようと考えていた。こうして1990(平成2)年3月に出来上がったのが、『P学大戦』である。この小説は多くのP学生からはもちろん、しとうきねお学園長からも注文が来る程の人気小説となったのである。

 この年の4月26日(454回)、大学受験に伴う進路選択の為に休学。ただし、P学祭や忘年会などのイベントには受験の息抜きとして参加していた。しかし、受けた大学はことごとく落ちてしまったものの、なんとか専門学校に合格することが出来た為、1991年(平成3)年2月14日(495回)から本格的に復帰。同時に2年前の雪辱を果たすべく、6代目生徒会長選に出馬した。
 その結果、見事に当選を果たし、6代目生徒会長に就任。副会長にキグナス君・神崎章君(京都府)・佐藤猫衣子くん(東京都)の3人を指名し、常連P学生で占める首脳陣を結成した。

 3月30日に大阪で行われた『P学500回記念ザ・談会&関西同窓会』の席上で、好評を得た小説『P学大戦』の続編・『P学大戦II』の製作を発表。前作では出来なかった表紙&本文イラスト・戦闘シーンの執筆・校正を本格的に行い、3部構成でまとめたこの小説も前作以上の好評を得た。

 さてこの年のHRでは、5月に低電圧アール君(以下、アール君・埼玉県)が宣戦布告して来たのをきっかけに、生徒会VS反生徒会との戦いが展開された。前者は先程の首脳陣の他にういろう君・チョコボ君(後の革命戦士・広島県)が、後者は名曹君や大日如来君(後の軍司將軍・宮城県)・法王α君(後の大邦皇帝・茨城県)が主なメンバーであった。
 この戦いは9月12日(525回)、理事長が生徒会に対してクーデターを敢行するまでに至るが、史実のソ連のクーデター同様1週間も続かず失敗に終わる。更にアール君も10月3日(528回)に引退し、生徒会VS反生徒会の戦いは終わりを告げた。

 しかし、私の周辺の戦いは更に続いた。アール君の引退後、ういろう君や前瀬あすなくん(広島県)が一転して私に攻撃を開始。広島県同士の内ゲバ争いが始まる。
 12月19日(539回)のHRで私がういろう君に言ったセリフ「お前のアホぶりはよく分かったから宮島モンキーセンターで世話でもしてもらえ!」が引き金となり、翌年の1992(平成4)年から「広島県は猿ばかり」と言われる程猿ネタがHRで飛び交うようになった。
 この争いはようせい社の社長くん(岐阜県)やD万隆龍君(後のたか龍β・以下、D万君・東京都)も介入し、次第に複雑化していくのである。

 HRでこの様な争いが続く中、3月に会長の任期が満了。それと同時に同窓会中国地区支部長に就任した。春と夏に福山市内で同窓会『これでいいのだ』を開催しただけでなく、中国地区初の同窓会名簿『名簿はこれでいいのだ』も11月に作成した。
 ちなみにこの年の夏の同窓会では福山だけでなく、東京・名古屋のそれぞれの同窓会にも参加。私が開催・参加した同窓会全てによう社くんがいた為、会う度に「あれ?また会ったね〜。」とお互い大笑いしていた思い出がある。

 話を再びHRに戻すことにしよう。広島県パズラー同士の内ゲバ争いは秋になってもとどまるところを知らず、D万君が私とういろう君が実はホモなのでは…という噂をP学生じゅうに飛び交わせるまでになった。その後、D万君は私とういろう君の結婚式を企画し、12月3日(587回)に実施するまでに至った。
 この結婚式の結末はすぐに離婚したが、私は新婦役にされた挙げ句にういろう君との誓いのキスをさせられた為、結婚式における最大の被害者となってしまったのである。

 この災いが転じたのか、1992年度の目立ち屋大賞を受賞。これが発表された12月31日、この時私はニュージーランドへホームステイに行っていた。その為、目立ち屋大賞の受賞を知ったのは1993(平成5)年1月に帰国した時であった。
 2月にP学に復帰したが、3月11日の600回記念を最後に現役引退を宣言した。更に就職に伴い群馬県に引っ越し、有意義に隠居生活を送るかに見えた…。  

 しかし引退した後もP学祭や忘年会などのイベントに参加し、1994(平成6)年2月には『名簿はこれでいいのだ 全・国・版』を発行。
「ひょっとしたらまだ未練があるんじゃないの?」
「完全復帰を期待しています。」
 私の知り合いのP学生たちからこの様な声が挙がったが、私は完全復活をすることなくイベントだけの参加を続けた。だが1995(平成7)年3月にP学が閉校し、6月には私の会社の人事異動で香川県に引っ越ししたこともあり活動もこれまでと思っていた。

 だがMAT君の『インターネットP学園』に毎中時代のベテラン常連たちが参加している噂を聞きつけ、1999(平成11)年4月に参加宣言。8月にはPNを『karz稲川』と変更し、現在に至るというわけである。


PROFILE ROOM