10Years After〜10年後〜 登場キャスト(あ・か行)


 ここでは厳選されたキャストを50音順で紹介する。なお、登場人物の設定に関してはフィクションなので、くれぐれも本気にしないように(笑)。

 なお、アイコン画像はABI-STATION『似顔絵イラストメーカー』で作成している。


さ〜な行  は〜わ行

青柳ういろう(あおやぎういろう)
 1985年度入学。元祖『広島の恥』としてP学を暴れ回り、大いにHRをにぎわせた広島県パズラー。現在はういろう好きになるあまり愛知県に引越し、妻であるなぞのMくんと共に名古屋名物全般を販売する土産屋を経営している。
麻山真樹(あさやままき)
 1985年度入学。1987年に横琴君とカップルになり、阪神ファンやHDKからの妨害に遭いながらも仲睦まじく付き合っていた。かつては巨人ファンだったが、彼女もまた目に余る球団体質に嫌気がさしてプロ野球ファンそのものを辞めてしまう。今回のドラマで横琴君と再会した際、彼女はどうするのか?
αスピカ(アルファースピカ)
 1984年度入学。DDやパズルで数多くタイトルを獲得したが、引退後はライダーに転身。女性ながらレースでも優勝するほどの実力を見せていたが、1999年に引退。現在は『どこからともなく現れて、疾風のように去っていく』さすらいライダーになっているという。
伊澤浩樹(いざわひろき)
 1985年度入学。『お嬢様パズラー』として名を馳せ、5150オプ君とカップルになるなど大いに賑わせていた。その後オプ君と結婚し、優雅な人生を送っている。
イダテン
 1985年度入学。ぼくドンちゃんを中心とした大阪パズラーから千葉を守るべく戦う。また巨人ファンでもあった為、横琴君とともに阪神ファンを徹底攻撃していた。しかし目に余る補強策やナベツネの度重なる暴言に嫌気がさし、現在は千葉ロッテマリーンズのサポーターとしてパ・リーグを盛り上げている。
H氏(エッチし)
 1989年度入学。博士に負けず劣らずの『出歯亀パズラー』で、彼の被害に遭った女子P学生は数知れず。1993年かららむねを執拗に付きまとっていた。その後AV男優として活躍しているが、JR首都圏沿線の痴漢常習犯として逮捕されることは日常茶飯事。
江戸川みーめ(えどがわみーめ)
 1988年度入学。彼女に言い寄ってくる牙沢ジョー君や牧信二君に対し、第三者的なセリフであしらう様子から『女影の声』と謳われていた。また、玉姫くんと対立していたこともあった。
F15イーグル(エフ15イーグル)
 1987年度入学。DDやパズルで頭角を現すだけでなく、HRでは1993年から農業改革を起こし「日本全国、オラが畑にしたる。」と意気込んでいた。現在はスポーツクラブ経営に力を入れているが、2004年のプロ野球再編問題でバファローズ買収を名乗り出るも全く相手にされなかったこともあった。しかし東北楽天ゴールデンイーグルスの低迷を憂い、テコ入れを目論んでいる。
逢瀬諾(おうせうずな)
 1987年度入学。1994年8月の全国同窓会ではようせい社の社長くんと結婚式を挙げるオノロケ振りを見せる。P学閉校後もよう社くんと仲睦まじい生活を送っていたが、最近よう社くんが男好きに目覚めた事に嫉妬感を抱いている。
お銀(おぎん)
 1984年度入学。当時小学生でありながらロンメル将軍君たちと対立し、男子P学生の排斥に力を入れていた。その後プロレスラーに転身し、アメリカに渡る。彼女が手にするもの全てを凶器に変え、リングを縦横無尽に暴れ回る。 
karz稲川(カーツいながわ)
 1986年度入学。P学6代目生徒会長であり、ういろう君と共に広島県を盛り上げたパズラーの1人。1999年に歴史資料博物館『TIME CAPSULE』を興し、館長としてP学の歴史を後世に残している。P学閉校10年目を迎えるに当たり、シェリーちゃんからイベント開催の話を持ちかけられ今回のドラマ開催に踏み切った。熱狂的な広島東洋カープファンとしても有名。
海(かい)
 1991年度入学。和歌山県パズラーとして地道な活躍を続けていたが、1993年に後醍醐天皇がP学軍を旗揚げしたのをきっかけに傘下に入る。構成員として、忍野うりくんを始めとする広島県パズラーを攻撃していた。現在は海上保安官に。
影の声(かげのこえ)
 1984年度入学。第三者的なセリフで一世風靡し、MAT松楠君とのやり取りはあまりにも有名。謎な面があまりにも多い為引退後は消息がつかめなかったが、博士いびりをする為に今回のドラマ参加を決意したらしい。
かたりん
 1987年度入学。HDK(反男女交際派)の中心メンバーであり、キグナス君との戦いは最早語り草に。その後ラーメン屋を経営しているが、他人の迷惑になる客に対しては「帰れ!」と一喝する事も(特にバカップル)。
加藤邦迦(かとうほうか)
 1991年度入学。DDで智恵子ネタを多用したことで有名。、HRでは後醍醐天皇と対立する中、花散里(ちりこ)くんと結婚。在学中に息子・皇叔(こうしゅく)君の父親になる。現在はアーチストとして世界各国を渡り歩いてる為、日本にいるのは年に数回だとか。それゆえに家族サービスがなかなか出来ないのが悩みのタネ。
キグナス
 1987年度入学。P学4代目生徒会長。男女交際派としてかたりん君やハンマー百t君と対立する中、第2回P学祭実行委員長をやってのけた押しも押されもされぬP学生。現役時代から剣の腕前は抜群で、現在はそれを活かすべくハリウッド俳優としてアメリカで活躍中。
軍司將軍(ぐんじまさとき)
 1989年度入学。『大日如来』時代ではDD1人1答主義を唱えるも、受け入れられず。『軍司將軍』に改名してから少しは丸くなったが、ここ数年の日本に憂いを感じ、愛国心あふれる国にするべく虎視眈々と機会を伺っているらしい。ラーメン通でもあり、都内の有名ラーメン店のほとんどを制覇したとか。
拳王(けんおう)
 1985年度入学。『アッポー』・『ラオウ』・『朱鷺』などことある度にPNをころころ変えてはP学生たちの顰蹙を買っていた。極度の女嫌いで「女は醜い!そして私は美しい!」と言っては赤頭巾ちゃんやαスピカくんをことある度に攻撃。ただ強い女子P学生(お銀くん・玉姫くん)に対しては異常に媚びへつらう場面もあったが。
現代古典(げんだいこてん)
 1985年度入学。シェリーちゃんとの交際はあまりにも有名。その後彼女とめでたく結婚し、夫婦共にイベント会社で頑張っている。仕事でも家庭でもコントロールされっぱなしであるが、本人は苦にしていない様子。実は西武ライオンズファン。
ゲンドン
 1988年度入学。理事長戒厳軍に対してハンストを行えば、女帝くんと愛の逃避行を演じたりと波乱万丈のP学生活を送っていた。その後『幻次郎』と改名し、国際テロリストとして追われる立場に。死んだはずと思われていたが実は生存していたことが判明。女帝くんとの行方はいかに…?
恋姫(こいひめ)
 1992年度入学。当時小学生でありながら、缶チューハイをあおっては緑風仙一君をパシリとしてコキ使っていた。その後お酒のレパートリーも徐々に増え、小原庄助顔負けの飲兵衛になってしまった。風呂上りはもちろん、目覚めの一杯も生活の日課になっている。
皇叔(こうしゅく)
 1992年度入学。加藤邦迦君とちりこくんの間に生まれた子供。現在中学生で、昔の毎中紙を読んだ際過去の両親の行いに驚きを隠せないでいる。
硬派ロード(こうはロード)
 1987年度入学。入学と同時に男女反対を盛んに訴えたことで、博士以上の嫌われ者になる。その後HDK(反男女交際派)のリーダーとして活躍。カップル取り締まり活動に力を入れるも翌年引退。現在は高校教師になりスパルタ教育を生徒たちに叩き込む。それが仇となって毎年の卒業式では卒業生から袋叩きに遭っている。それでもしぶとく教師として活躍できるのだからまさに博士ゆずり。
心☆必(こころ☆かなら)
 1985年度入学。数少ない長野県を有名にさせたことで一躍有名になる。その後オックスフォード大学に留学し、現在はロンドンの日本大使館員として働いている。
後醍醐天皇(ごだいごてんのう)
 1989年度入学。大阪城を拠点に青柳ういろう君や加藤邦迦君たちと対立していた。1993年にはP学軍を設立し、全国統一をもくろむも失敗。同窓会幹事としても手腕を発揮していた。しかし長年にわたる大阪城の家賃滞納により、ついに追い出される羽目になってしまう。
琴音(ことね)
 1988年度入学。好きな男性のタイプはなんと博士という変わりダネ。マルガリータ君や十字架天使くんと激しい博士争奪戦を繰り広げていた。現在は大分県内の病院にて看護師として働いている。

さ〜な行  は〜わ行