MAT松楠君によって考案されたこのレースは、元々は『週刊少年ジャンプ』からのものでした。月別のレース経過をドキドキしながら見ていたP学生たちもいたのではないでしょうか。

 ここで、『P学王レース』の配点を説明しておきましょう。

 DD解答・・・2点 大きい活字掲載・・・2+1点(第1〜3回) 見出し掲載・・・2+2点(第1〜4回)、2+3点(第5回以降)

             ごほうび賞・・・2+5点

 DD出題・・・3点(第1・2回)、5点(第3回以降)

 パズル出題・・・3〜5点(第1〜4回)、5点(第5回以降)

 セリフ・・・1点、小見出し・・・1+1点(第5回以降)、大見出し1+2点(第5回以降)

 イラスト ハガキ大・・・2点 それ以下・・・1点(自筆による活字だけのものも、イラストとして計算。) 

 標語・・・3点 企画もの・・・5点(第1回のみ) 似顔絵・・・1点(第1回のみ)

 ここでは各年度のレースベスト10を、総合部門・DD部門・HR部門・イラスト部門・都道府県別で紹介しています。

第1回(1989年度)
第2回(1990年度)
第3回(1991年度)
第4回(1992年度)
第5回(1993年度)
第6回(1994年度)
都道府県別ベスト10

DATA ROOM